スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い時の流れのみが

 
このエリアでは
 
津波で生き残った建物も すべて
 
壊される
 
 
再生への 痛みだと 
 
解っていても
 
やるせない
 
 
失われてゆく
 
顔見知りの 座標軸たち
 
 
  
2012年8月17日 気仙沼市仲町-内ノ脇
2012年8月17日 気仙沼市仲町-内ノ脇 
 
 
 
生まれ直してくる街は
 
計画され 整備され
 
立派な顔つきをしてることだろう
 
 
けれど
 
力ないものを 片寄せ
 
そぎ落とした 見知らぬ街は
 
いったい だれの街だろう 
  
 
2012年4月18日 気仙沼市内ノ脇
2012年4月18日 気仙沼市内ノ脇 
 
 
わかってる
 
 
いまは
 
感傷を排して 進むしかない
 
 
破壊の道は たぶん
 
きっと
 
正しい
 
 
 
2013年1月10日 気仙沼市仲町-弁天町
2013年1月10日 気仙沼市仲町-弁天町
 
 
 
ただ
 
長い時の流れのみが
 
それを 明らめる
 
 
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 津波被害 街並み 被災 悩み 夕日 復興 再生 整備計画

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

涼さん 共感いただき ありがとうございます。

時の流れの中で 自然に消えてゆく思い出と違い、
今回は、突然思い出になり、さらに引き剥がされていく、という感じなのです。

そのせいか
とりまいていた環境は 自分の一部だったのだということを、しみじみ実感させられております。 

温かいお心に感謝いたします。
(u人u)

No title

想い出の積み重ねの中で人は生きているようなもの。
想い出が消えてゆく。寂しいですよね。

生まれ変わりの始まりに、明日を託して歩み始めているのですね。
再生への道のり、平坦ではないでしょうけれど、
きっと、何かしらのご加護が行く手を照らしてくださることでしょう。

どうもです

重箱石さん、どうもです

行政側のみなさんの頑張りは、少しは解っているつもりです。
ほんと ご苦労様と言いたいです。
 
関心を持っていただいて感謝。

No title

おはよー

だよねー
全く見知らぬ街になってしまうんだよねー

でも進まないとー
痛みや不平もあるかもしれないが
行政側は一応けっぱてると思う。

それを食い物にするヤカラも居ると思う
それは、市民でしっかり監視を願う。

オレにとっても気仙沼は青春の遊び場であり
生活の買い物の街でもあったので
どうなっていくのか関心と監視したい
プロフィール

サブポート

Author:サブポート
 
潮風で まったり練られた 東北人
 
気仙沼産ながら 若干 鮮度に難あり
 
 
2011年3月の大津波により被災

自宅と職場を失うも 命は確保
 
半年近い避難所生活を経て
 
現在 仮設住宅にて生存中
 
(ブログ名を「港町ケイタイ写真帳/気仙沼」から現在の名に変更しました)
 
* * * * * * * * * * * *
撮影機器
 au携帯 W63CA
 au IS12S(2013年以降) 
* * * * * * * * * * * *
 

管理ログイン
ランキング
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
写真系ブログリンク
気仙沼周辺ブログリンク
フレンドリーリンク
なんらかの出会い(?)でお知り合いになれた方への友好リンク♪
気仙沼サイトリンク
ひとこと
お気軽に撮影・投稿した写真と文面ではありますが、権利は放棄しておりません。
無断転載・無断転用はご遠慮ください。
まんがいち使用したいという場合などは、ご一報くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。