スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々を捕まえたい

 
 


 
 
 
流れてゆく日々を 捕まえたい
 
 
以前のように 戻れないのだから
 
新しく始めねばならない
 
 
考えてばかりでは きっかけをつかめない
 
外に出ていろんな人と会おう
 
 
いや やみくもに話しをしても 
世間話で終わる
 
なにか 手順があるはず
 
 
いや 手順などなんとかなる
 
目指すものが はっきりせねば
 
本気で求めるものが はっきりせねば
 
だれも 相談にのりようがない
 
 
だがこの歳で 夢物語でもあるまい
 
堅調にいかねば
 
 
でも やり直す人生最後のチャンスではないのか
 
大胆にいかねば 悔いが残る
 
 
 
流れてゆく日々を捕まえたい
 
 
迷い人は かく優柔不断を繰り返す
 
 


 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1枚目:気仙沼市鹿折地区
2枚目:気仙沼市河原田
 2011年5月21日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※2枚目、遠くの煙は21日の火事
 
※なんか、いい加減にしろ、という内容ですね…
A(´∀`; ヒドイナ…
 
 
関連記事

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 瓦礫 気仙沼 津波被害 街並み 悩み 被災

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

どんちゃん、まじゅさん、
お二人とも、ありがとうございます♪
(´∀`)っ

そうかぁ…
書いちゃってもいいんですよねぇ♪
(´∀`;
ならばたまに いい歳こいたオヤジの青臭いグチをUPさせて頂きますんで その節はご笑納下さいね♪
(・o・; シランゾ…

>まじゅさん
聞かない振りしていただけるそうで、ありがとうございます♪♪
でも、同じ市内のまじゅさんですから…
街ですれ違いざま、後ろ指指さないように…
 
 アレガ…
(¬.¬)┌ (´∀`;アハ
 
 
>どんちゃん
そうなんですよ。
瓦礫画像に新鮮味が無くなってきたせいか、マスコミの扱いは復興の映像中心になっていますよね。 
たしかに、片付けが進んでいる地区もありますが、産業復興に直接関連しない被災地区の多くは、いまだに道路のみの片付けで終わっています。
( ̄o ̄;)
地元業者オンリー制限をかけたままの復興スピードで 本当に良いのかも、再検討が必要かと思われますねぇ。
A(´∀`;

No title

最近テレビや新聞のニュースでは福島原発関連や復興が進んでいるような話が出ていましたが、被災地はやはりまだまだ画像のような状況なんですね。

ご自身のブログなんですから、基本的に自分の言いたいことを書いちゃって良いと思いますよ。
時には大胆に、そしてまた時には繊細に~


気を悪くされたらごめんなさい。

No title

良いと思いますよ。
内に内に溜め込みすぎると
辛くなると思うし...

こういう場所だからこそ
っていうのもありますよ。

誰かに迷惑をかける訳じゃないんだから
大丈夫ですよ(b´∀`)ネッ!

なんでも書いちゃいましょ。
見なかったことに
しますからから...ヾ(^。^*)
プロフィール

サブポート

Author:サブポート
 
潮風で まったり練られた 東北人
 
気仙沼産ながら 若干 鮮度に難あり
 
 
2011年3月の大津波により被災

自宅と職場を失うも 命は確保
 
半年近い避難所生活を経て
 
現在 仮設住宅にて生存中
 
(ブログ名を「港町ケイタイ写真帳/気仙沼」から現在の名に変更しました)
 
* * * * * * * * * * * *
撮影機器
 au携帯 W63CA
 au IS12S(2013年以降) 
* * * * * * * * * * * *
 

管理ログイン
ランキング
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
写真系ブログリンク
気仙沼周辺ブログリンク
フレンドリーリンク
なんらかの出会い(?)でお知り合いになれた方への友好リンク♪
気仙沼サイトリンク
ひとこと
お気軽に撮影・投稿した写真と文面ではありますが、権利は放棄しておりません。
無断転載・無断転用はご遠慮ください。
まんがいち使用したいという場合などは、ご一報くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。