スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想の魚市場

 
夜霧に浮かぶ 気仙沼魚市場は
 
まさに 幻想の城だ
 
 
気仙沼 夜霧の魚市場1
 
 
同じようなショットだが みな上げておこう
 
 気仙沼 夜霧の魚市場2
 
 
携帯待ち受け用に 縦にして撮影したもの↓
 
気仙沼 夜霧の魚市場3
 
 
7月後半から8月の観光シーズン
 
湾岸の「海の道」の街路樹は ライトアップされ

幻想的な世界が出現する
 
気仙沼 夜霧と海の道2
 
 
このライトアップ期間

夜霧であれば ぜひ「海の道」を散歩し 体験してみて欲しい
 
この世のものでないような 不思議な空間がそこにある
 
気仙沼 夜霧と海の道1
 
 
撮影日:2008/07/28
機材:au W41CA
    ※PhotShopで縮小
 
関連記事

テーマ : 夜景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

K. Iwaさん、ありがとうございます♪
絵のモチーフにしていただけるとは嬉しいです。
完成したら ぜひ見せてくださいね♪
(^ ^)

大浦側からのショットは いつかやってみたいと思ってました♪
たまに行くことがあるので、心しておきます。
(´∀`;

安波山や室根山からの遠景も…
携帯のカメラで どこまで撮れるか
ぜひ挑戦してみたいと思います♪

コメントいただき、とても 励みになりました。
ほんとありがとうございます。
m(^0^)っ
 

再々送信

気仙沼出身のものです、時々気仙沼に戻る生活をしています。
わたしも日常のありのままの気仙沼が好きです。
その姿をご自分の目線で捉えていることに感心し、つい見入ってしまいました。
また、コメントがさり気なく添えてありますがそれもわりと気に入ってます。
わたしは少しばかり絵をたしなむ者ですが夜の魚市場の幻想的な写真と使われなくなった昔の倉庫の写真を絵のモチーフにしたくなりまし。
夜の安波山からの景色や大浦から見たショットもなかなかなものですよ。
これからも気負わずに「ありのまま」の気仙沼を撮り続けてください。

コメント再送

気仙沼出身のものです、時々(月いち位かな)気仙沼に戻る生活をしています。
わたしも日常のありのままの気仙沼が好きです。
その姿をご自分の目線で捉えていることに共感・感心し、つい見入ってしまいました。
また、コメントがさり気なく添えてありますがいい感じですね。
わたしは少しばかり絵をたしなむ者ですが、夜の魚市場の幻想的な写真と使われなくなった昔の倉庫の写真を絵のモチーフにしたくなりました。
夜の安波山からの景色や大浦から見たショットもなかなかなものですよ。それと多分ですが室根山頂手前辺りからみた、遠方の気仙沼の夜景・漁火もいいかも知れませんね。
これからも気負わずに「ありのまま」の気仙沼を撮り続けてください。
プロフィール

サブポート

Author:サブポート
 
潮風で まったり練られた 東北人
 
気仙沼産ながら 若干 鮮度に難あり
 
 
2011年3月の大津波により被災

自宅と職場を失うも 命は確保
 
半年近い避難所生活を経て
 
現在 仮設住宅にて生存中
 
(ブログ名を「港町ケイタイ写真帳/気仙沼」から現在の名に変更しました)
 
* * * * * * * * * * * *
撮影機器
 au携帯 W63CA
 au IS12S(2013年以降) 
* * * * * * * * * * * *
 

管理ログイン
ランキング
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
写真系ブログリンク
気仙沼周辺ブログリンク
フレンドリーリンク
なんらかの出会い(?)でお知り合いになれた方への友好リンク♪
気仙沼サイトリンク
ひとこと
お気軽に撮影・投稿した写真と文面ではありますが、権利は放棄しておりません。
無断転載・無断転用はご遠慮ください。
まんがいち使用したいという場合などは、ご一報くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。