スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難所に響く声

 
 


 
 
 


 
 
 
避難所の夜
 
あたりに ぼんやり響く話し声
 
それぞれの思いが
 
こもる
 
 
震災前の昔話し 震災当日の体験
 
仮設住宅やアパートの見通し
 
仕事の見込み 友人親族の動向
 
家の片付けや処理の愚痴悩み
 
避難所での様々な出来事
 
不安 あせり あきらめ
 
軽い陰口 羨み
 
自嘲
 
 
 
それでも
 
完全に参ったという声を聞かないのは
 
きっと 同じような境遇同士が 
 
支えあっているから
 
 


 
 
 


 
 
 
避難所の夜は 早く訪れ
 
沈黙の時間は 長い
 
 
 


 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼市 笹ヶ陣
気仙沼市民会館(避難所)
2011年5月28日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※ひと気がない写真ばかりですが、実際は人の行き来が頻繁。
 人を写さないよう 苦労して撮影。
 
※避難所を支えて下さっている多くのスタッフのみなさまには、本当に感謝。
 
スポンサーサイト

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 津波被害 被災 悩み 避難所 被災者

弾丸の飛ばない最前線

 
 


 
 
 


 
 
 
被災地の自衛隊車両
 
近づいてみれば
 
重厚な鉄のかたまり
 
過酷な戦場で活動するための
 
様々な必要性が
 
この形を創り出した
 
 
武骨で
 
平時には効率的とは言えないこの形が
 
被災地にあって
 
なんと頼もしく見えることか
 
 
それはそう
 
被災地は
 
弾丸の飛ばない最前線
 
 
 


 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼市 笹ヶ陣(市民会館前)
第4師団第4後方支援連隊「玄海の湯」周辺
1ー2:2011年5月26日
3:2011年5月23日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 自衛隊 災害派遣 復興 支援 避難所

住みなれた街があった場所

 
 


 
 
住みなれた街があった場所に
 
いまは瓦礫しかない場所に
 
また来てしまった
 
 
思い出を ひろうだけならば
 
つらくなるだけだから
 
頻繁に来ては いけない場所なのに
 
 


 
 
 
バネに出来る「くやしさ」を
 
充電しに来るならば
 
ここは
 
強力な パワースポット
 
 
 
 
やすやすと 制御できるほど
 
やわなエネルギーではないけれど
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼市 仲町大通り
2011年5月22日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 津波被害 街並み 被災 瓦礫 津波 ガレキ

避難所の夕暮れ

 
 


 
 
 
避難所の夕暮れ
 
自衛隊のお風呂入口にも
 
明かりが灯る
 
 
 


 
 
 
避難所の夕暮れ
 
ここには 生活の形がある。
 
生きている息づかいがある。
 
多くの人に援助していただいて
 
やっと成り立っているにせよ、
 
ここに住む人々は、
 
矢ガモのように
 
ただただ憐れまれるだけの
 
存在ではないのだ。
 
みなプライドを持ち、
 
コミュニティーの 良き一員であろうと、
 
精一杯努力を続けている。
 
 
 


 
 
だからこそ、
 
仕事であれ 家事であれ
 
地域活動であれ、
 
はじき出されたこの社会に、
 
もう一度 居場所を確保せねばならない。
 
居場所を創造せねばならない。
 
多くを失った被災者が
 
「がんばれる」支援のツボは きっとそこだ。
 
 


 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼市 笹ヶ陣
1ー2:第4師団第4後方支援連隊「玄海の湯」
3:気仙沼市民会館(避難所)
4:気仙沼中学校
  (避難所+仮設住宅)
2011年5月22日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※避難所生活も2ヶ月半。
 過度の依存心はないか、
 「してもらい慣れ」はないかと、
 自問すること しばしば。

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 津波被害 被災 夕暮れ 悩み 自衛隊 避難所 災害復興 支援

紙コップキャンドルの魔法

 


 
 
 


 
 
被災地の公園に
 
紙コップのキャンドルたち
 
 
子供たちには
 
落ち着いた笑顔が
 
イラついていた 大人たちには
 
優しい微笑みが 浮かぶ
 
 
きっと 光の魔法
 
 

 
 
 
 
 
 
 
ロウソクは
 
己の身を削り
 
静かに 周りを照らす
 
 
自らの儚さを 受け入れつつも
 
不器用で まっすぐな生き様が
 
暖かみとなって
 
燃えているに 違いない
 
 
 


 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼市 市民会館前の公園
 2011年5月22日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※被災地慰問のお祭りの一環。 ここでは「紙コップキャンドル」と呼んでいますが、正式名称は分かりません(汗)。
 お祭りは、いろんな出し物もあって、賑わったようです。
 関係者のみなさま、ご苦労さま、そして ありがとうございました。
 
 

日々を捕まえたい

 
 


 
 
 
流れてゆく日々を 捕まえたい
 
 
以前のように 戻れないのだから
 
新しく始めねばならない
 
 
考えてばかりでは きっかけをつかめない
 
外に出ていろんな人と会おう
 
 
いや やみくもに話しをしても 
世間話で終わる
 
なにか 手順があるはず
 
 
いや 手順などなんとかなる
 
目指すものが はっきりせねば
 
本気で求めるものが はっきりせねば
 
だれも 相談にのりようがない
 
 
だがこの歳で 夢物語でもあるまい
 
堅調にいかねば
 
 
でも やり直す人生最後のチャンスではないのか
 
大胆にいかねば 悔いが残る
 
 
 
流れてゆく日々を捕まえたい
 
 
迷い人は かく優柔不断を繰り返す
 
 


 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1枚目:気仙沼市鹿折地区
2枚目:気仙沼市河原田
 2011年5月21日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※2枚目、遠くの煙は21日の火事
 
※なんか、いい加減にしろ、という内容ですね…
A(´∀`; ヒドイナ…
 
 

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 瓦礫 気仙沼 津波被害 街並み 悩み 被災

花と自衛隊

 
 


 
 
小学校校庭の自衛隊
 
初め そのそばを通るとき
 
どこかこわもての色に 緊張したものだ
 
 
だが 彼らの静かで実直な勤務の姿を見
 
気さくな挨拶を交わすうち
 
緊張は解けていった
 
 
その存在が 校庭に溶け込んでいたある日
 
彼らはきれいに撤収していた
 
 
元に戻った光景なのに
 
なにか ひどく寂しい
 
 


 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気仙沼小学校校庭
1枚目:2011年5月11日撮影
  上は調理用車両の「野外炊具1号」
2枚目:2011年5月19日撮影
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※新聞によると、撤収したのは「第41普通科連隊」。ご苦労さまでした。
 
気仙沼市民会館の前には、まだ第4師団(福岡)「第4後方支援連隊」のお風呂「玄海の湯」が活躍中。ほんと感謝てす。
 
 

テーマ : 被災地にて
ジャンル : 写真

tag : 気仙沼 小学校 校庭 自衛隊 災害派遣

プロフィール

サブポート

Author:サブポート
 
潮風で まったり練られた 東北人
 
気仙沼産ながら 若干 鮮度に難あり
 
 
2011年3月の大津波により被災

自宅と職場を失うも 命は確保
 
半年近い避難所生活を経て
 
現在 仮設住宅にて生存中
 
(ブログ名を「港町ケイタイ写真帳/気仙沼」から現在の名に変更しました)
 
* * * * * * * * * * * *
撮影機器
 au携帯 W63CA
 au IS12S(2013年以降) 
* * * * * * * * * * * *
 

管理ログイン
ランキング
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
写真系ブログリンク
気仙沼周辺ブログリンク
フレンドリーリンク
なんらかの出会い(?)でお知り合いになれた方への友好リンク♪
気仙沼サイトリンク
ひとこと
お気軽に撮影・投稿した写真と文面ではありますが、権利は放棄しておりません。
無断転載・無断転用はご遠慮ください。
まんがいち使用したいという場合などは、ご一報くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。